夜のどこかで ~night shift~

この曲の表示回数 11,339
歌手:

中森明菜


作詞:

夏野芹子


作曲:

後藤次利


背中あわせの ウソに気づくなんて
見ないふりして 無口になる毎日
誰のことも傷つけずに
生きてゆけるならいいけど
やさしさも 嘘に似てる
いつも自分がわからなくて独り
心をさらけだせたなら
星座に私なれないかな
見上げたら 風強くて
いまなら素顔に戻れるはず 夜の翼の中で
弱い気持ちすべてを
いまは頬にこぼせるわ
いまだけ素顔に戻れたなら
逢いたい人に気づく
鼓動の高鳴り 安らぐまま
愛しいまま信じて

愛を覚えた最初の日はたしか
どんな迷いも 喜びだと感じた…

夜の広さに戸惑えば
星座が時を照らしてたの
見上げたら 風強くて
あなたの涙がこぼれたなら
残らず受け止めよう
熱い悲しみがいま 語る夢が聞こえるわ
あなたの涙が乾くまでは
弱い人のままでいい
明日になるまで
その痛みもその願いも眠って

背中あわせの 嘘に気づくなんて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜のどこかで ~night shift~ 歌手:中森明菜

中森明菜の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-12-04
商品番号:UMCK-1149
ユニバーサルJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP