二代目無法松

この曲の表示回数 14,563
歌手:

村田英雄


作詞:

松倉久雄


作曲:

首籐正毅


波が牙むく 玄海灘で
岩に根をはる 男松
なめちゃいかんぜ この俺を
やせてはいても
意地の目方じゃ 誰にも負けぬ
その名も 二代目無法松

たかが一升 二升の酒で
宿酔(ふつかよい)など するもんか
男同志が くみかわす
付き合い 酒に
口をはさむな おまえは女子
旨い飯だけ 炊けりゃいい

百の命を 五十にしても
俺は生きたい どろんこで
やると決めたら いのちがけ
どこまでやるさ
恋も喧嘩も 男の稼業
その名も 二代目無法松
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:二代目無法松 歌手:村田英雄

村田英雄の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-08-23
商品番号:TODT-6058
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP