渡り鳥仁義

この曲の表示回数 12,577
歌手:

都はるみ


作詞:

たかたかし


作曲:

市川昭介


夜の酒場の 赤い灯が
俺にゃ似合いの ひとり酒
ごめんなすって 俺らすねに傷もつ
浮世双六 渡り鳥
後ろ髪ひく 後ろ髪ひく あゝ流し唄

可愛いあの娘の つぐ酒に
ホロリこぼした ひとしずく
ごめんなすって 俺ら色の出入りが
いまだイロハの 未熟者
無理はいうなよ 無理はいうなよ あゝ泣きぼくろ

雲よおまえは どこへ行く
伊豆か越後か ふるさとか
ごめんなすって 俺らはじき出されて
意地がひとつの 裏街道
背中に冷たい 背中に冷たい あゝ初しぐれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:渡り鳥仁義 歌手:都はるみ

都はるみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-10
商品番号:COCA-12001
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP