試聴する

向日葵の影

この曲の表示回数 14,202

送り火を焚く軒先に妹背鳥(せきれい)の
短く鳴いて庭を飛ぶ影

盂蘭盆会(うらぼんえ)精霊船の船溜まり
幼子の花火ゆらりと香る

折り懸けの灯籠白く仄めいて
在りし日の君の小さき写真

向日葵の花の僅かにうつむける
影を眺むる影に声なし

日の暮れのひかり朧に黒揚羽
船の舳先にひらり留まれり

爆竹に嗚咽のごとき声挙げて
ひしめく船出別れの始め

生命とはかくも重しと知りながら
日々の軽さを悔やむ夕暮れ

港にて手を離したるその時に
永久(とわ)の別れを吟(うた)いしものを

さようなら 声を限りのさようなら
振り仰ぐ夜空 鵲の橋

面影の君を背負いて明日から
生きてゆくから生きてゆくから

さようなら 声を限りのさようなら
僕と出会ってくれて ありがとう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:向日葵の影 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-09-13
商品番号:FRCA-1165
フォア・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP