もう誰も愛さない

この曲の表示回数 22,999
歌手:

郷ひろみ


作詞:

秋元康


作曲:

松本俊明


ひとごみに 見慣れた背中だけが
押し流されてゆく 都会の海
もう一度 君がそこで
振り向いて僕の名 呼べば
抱いてしまうだろう
そばにいるそれだけで
いつも2人は傷ついた
強く信じ合うことは
真実のナイフみたいに

もう誰も愛さない
これ以上愛せない
見送ったこの恋は
僕のすべてだった 過去になれ

夜の街 一人で歩きながら
知らずに行きついた
出逢いの店
回転のドアを開けて
いるはずもない君のこと
まだ探してしまう
2人やさしいだけで
愛が育つと思ってた
だけど気づかないうちに
自分さえ見失なってた

思い出は 嘘じゃない
記憶まで罪じゃない
痛すぎるサヨナラが
君のすべてだった 夢になれ

もう誰も愛さない
これ以上愛せない
見送ったこの恋は
僕のすべてだった 過去になれ

ラララ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:もう誰も愛さない 歌手:郷ひろみ

郷ひろみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-11-02
商品番号:SRCL-3020
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP