入道雲

この曲の表示回数 6,450
歌手:

シュノーケル


作詞:

西村晋弥


作曲:

西村晋弥


透かした空の色に 君からもらった手紙を
翳した手を離せば 羽根を生やして
飛んでいきそうな気がした

眩しさに目を細めた

あの頃君の遠ざかる背中 見送る度にいつも
風が胸をすり抜けた
あの時もっとその手をギュッと 握り締めていたら
僕らの夏はまだ続いていたの?

描いた青写真を 僕はずっと捨てられずに
隠した君の想い あの時すでに
小さく見え隠れしていた

切なさに目をそらした

夏がこぼしたカケラにそっと 耳を当ててみたら
懐かしい潮風の匂いがした

あたたかな通り雨が

心へそっとやさしく手を伝い 砂に沁み込んでく
波のように繰り返した
あの時もっとその手をギュッと 握り締めたとしても
僕らの夏はまた更けていったの?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:入道雲 歌手:シュノーケル

シュノーケルの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-08-23
商品番号:SECL-425
SME Records

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP