侍ニッポン

この曲の表示回数 36,125
歌手:

徳山璉


作詞:

西条八十


作曲:

松平信博


人を斬るのが 侍ならば
恋の未練が なぜ斬れぬ
のびた月代 寂しく撫でて
新納鶴千代 にが笑い

昨日勤王 明日は佐幕
その日その日の 出来ごころ
どうせおいらは 裏切者よ
野暮な大小 落し差し

流れ流れて 大利根越えて
水戸は二の丸 三の丸
おれも生きたや 人間らしく
梅の花咲く 春じゃもの

命取ろうか 女を取ろか
死ぬも生きるも 五分と五分
泣いて笑って 鯉口切れば
江戸の 桜田 雪が降る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:侍ニッポン 歌手:徳山璉

徳山璉の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-11-21
商品番号:VIDL-30317
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP