北都

この曲の表示回数 8,058
歌手:

北島三郎


作詞:

星野哲郎


作曲:

原謙二


形見にくれた黒百合の
香りは君の すすり泣き
そんな気がして 戻ってきたが
北の都は噂も枯れて
思えど逢えぬ まぼろしばかり

お酒を断って しあわせを
祈ると言って くてた女
君によく似た リラ色月が
眉をぬらして 北一条の
並木にかかる 切ない夜だ

戻せるならば いま一度
昔へ廻れ 時計台
長い黒髪 この俺の手に
そっと巻きつけさよなら告げた
涙の顔が ただなつかしい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北都 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-24
商品番号:CRCN-40161
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP