この曲の表示回数 12,963
歌手:

BUCK-TICK


作詞:

櫻井敦司


作曲:

今井寿


白い病室 縛られていた 視線の先に バラの花園が
ここは地獄か それとも夢 こめかみ響く 針が突き刺さる

琥珀色の 陽炎が いつまでも このまぶた焦がす

夜が流れる 月が満ちてく 人身蛇尾の 神々舞い降り
俺を誘いに 闇をまとって あふれる程の 愛を掲げてる

剥がれ落ちた 鱗は ひとつずつ この肌祝う

素晴らしい 破壊 そして誕生 果てる事の無い宇宙
美しい まるで母の内へと 尽きる事の無い愛

琥珀色の 陽炎が いつまでも このまぶた焦がす
剥がれ落ちた 鱗は ひとつずつ この肌祝う

素晴らしい 破壊 そして誕生 果てる事の無い宇宙
美しい まるで母の内へと 尽きる事の無い愛

怖がらず 君は神になるだろう 終る事の無い宇宙
美しい 全て輝けるだろう 尽きる事の無い愛
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:idol 歌手:BUCK-TICK

BUCK-TICKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-09-19
商品番号:VICL-60970
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP