試聴する

ドレス

この曲の表示回数 25,926
歌手:

BUCK-TICK


作詞:

櫻井敦司


作曲:

星野英彦


鏡の前で君とまどろむ 薄紅の指先
その手は不意に弱さを見せて 唇をふさいだ
あの日 君と約束を交わした
今は二人 想い出せずに

退屈な歌に耳を傾け 窓の外見つめる
僕はドレスをまとい 踊って見せよう 狂ってるかい 教えて
いつか 風にさらわれてゆくだろう
今は二人 想い出せず

僕はなぜ 風の様に雲の様に あの空へと浮かぶ羽がない なぜ
星の様に月の様に全て包む あの夜へと沈む羽がない ああ

忘れないで 愛あふれたあの日々
君の顔も 想い出せずに
いつか 風にかき消されてゆくだろう
今は二人 想い出せず

僕はなぜ 風の様に雲の様に あの空へと浮かぶ羽がない なぜ
星の様に月の様に全て包む あの夜へと沈む羽がない ああ

僕はなぜ 風の様に雲の様に あの空へと浮かぶ羽がない なぜ
この愛もこの傷も懐かしい 今は愛しくて痛みだす ああ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ドレス 歌手:BUCK-TICK

BUCK-TICKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-09-19
商品番号:VICL-60968
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP