September Rain

この曲の表示回数 13,207

半袖が もう頼りなくて
太陽は もう遠くて
さよならが うまく言えなくて
君に手紙を書いている

思い出と言えてしまうほど
長い時間じゃないけれど
何もかも眩しかったのを
夏のせいにしたくない

胸へと押しつけた 横顔を抱えこんで
君のそのはげしさと ひとつになりたかったよ

インクはブルーブラック 曇り空に文字が
乾かない もうすぐ降りだすよ
夏を連れ去る september rain

めぐりあいは ふしぎだったね
決まってたことみたいで
同じことに笑えた夜は
双子のように眠った

御影のテーブルに
焼けた頬 冷ませるのなら
空の果てからくる
どしゃぶりを待ったりしない

瞬間がすべてだと 写真の僕たちは 笑うけど
こんなに遠くなる ふたつの未来 だったなんて

インクはブルーブラック 曇り空に文字が
乾かない 名前をにじませて
たった今 夏は終わったよ

通りを 走り出す 靴音に紛れて
ポストまで こらえた空からは
頬にひと粒 september rain (woo…)

(september rain haa…)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:September Rain 歌手:稲垣吾郎(SMAP)

稲垣吾郎(SMAP)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-07-07
商品番号:VICL-416
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP