恋酒場

この曲の表示回数 5,403
歌手:

瀬戸かおり


作詞:

松山翔一


作曲:

山中博


酒場の隅で 肩肘ついて
おんな三十路の 飲む酒は
佗びしすぎます わたしには
ボトルに書いた あなたの名前
屋島・高松・坂出の
ネオン灯りに 背を向けて
酔って 酔って
酔って咲いてる
ああ ひとり花

今日も来ました 未練を追って
女ごころに 火をつけて
琴をつまびく かくれ宿
遠くに去った あの人だけど
丸亀・琴平・善通寺
もしもあなたに 逢えるなら
抱かれ 抱かれ
抱かれてとけて
ああ しまいたい

人目をさけて 渡してくれた
あなた手書きの 仮名文字を
今も抱いてる おんなです
せめて一夜を あなたと呼んで
多度津・荘内・観音寺
想い出ほどき 糸にして
誰か 誰か 誰か下さい
ああ 愛の酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋酒場 歌手:瀬戸かおり

瀬戸かおりの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP