酒暦 ニューバージョン

この曲の表示回数 11,441
歌手:

千昌夫


作詞:

坂口照幸


作曲:

佐藤壽一


遠いむかしの 故郷が見える
めくる夜ふけの 酒暦
あゝ おふくろの
あゝ 思い出は
夜なべ いろり火 風の音

四十路過ぎたら 男は光る
俺は今でも その途中
あゝ 大きくて
あゝ なれないよ
親父みたいな 器には

何が悲しい 答えは一つ
帰るふるさと 失すこと
あゝ 屋根の雪
あゝ そのままで
長いひと冬 越せるやら

ビルの谷間に 明日は見えず
街はどこまで 仮の宿
あゝ 嘆くまい
あゝ 疲れても
歩くしかない 運命なら
歩くしかない 運命なら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酒暦 ニューバージョン 歌手:千昌夫

千昌夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-10-07
商品番号:TKCA-73472
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP