木曽の恋唄

この曲の表示回数 10,287
歌手:

藤あや子


作詞:

たきのえいじ


作曲:

猪俣公章


木曽のナー御岳さん 夕陽の帯を
つけて川面に ゆれている
届いた便りの恋の文字
指でなぞって 空をみる
好きなあなたに 嫁ぐ日は
やがて木曽路は 雪の中

木曽のナー祭り唄が 心にしみる
はやくお嫁に 行けと云う
ふたりで揃いの 浴衣着て
乗ってみたいな 屋形舟
あなた恋しい こんな日は
すこしお酒を 飲みましょか

木曽のナー谷間に咲く こぶしの花よ
誰に想いを 告るやら
あなたと二人で 水いらず
暮らすその日を 待ちわびる
木曽を背にして 信濃路へ
やがて東京へ まいります
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:木曽の恋唄 歌手:藤あや子

藤あや子の新着情報

  • 素肌 / ♪こんな深くに迷い込むなんて
  • 素顔 / ♪変わり果てた鬼でも
  • 女のあざみ駅 / ♪抜いてください言葉の刺は
  • 面影しぐれ / ♪雨の匂いの港町濡れて歩けば
  • 椿坂 / ♪お独りですかと宿のひと

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-03-21
商品番号:SRCL-3481
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP