試聴する

春待気流

この曲の表示回数 24,960
歌手:

長渕剛


作詞:

長渕剛


作曲:

長渕剛


淋しいからこそ ひとりなんですか
ひとりだからこそ 淋しいんですか
みんなみんな 胸をかかえては
新しい夜明けを 待っているんだ

信じられないから ひとりなんですか
ひとりだからこそ 信じないんですか
そんな気持ちの中で 僕は君の
そばにいつでも いようとしてた

今までいくつかの 恋をしてきたけれど
愛の言葉に しがみついてただけだった だから
時の流れの中で すきま風が吹こうと
にげ道ばかりを追いかけまわすのはやめて
君ひとりを 愛し続けていきたい

泣けないからこそ しあわせなんですか
しあわせだから 泣けるというんですか
まだ来ぬ春に 何かを探して
のりおくれた自分を 恥ずかしんでる

誰もがみんな 人生(みち)の途中で
かけひきばかりを 考えているよ
素直な心で 受け取められるのは
君への愛だと 今気づいた

今までいくつかの 恋をしてきたけれど
愛の言葉に しがみついてただけだった だから
時の流れの中で すきま風が吹こうと
にげ道ばかりを追いかけまわすのはやめて
君ひとりを 愛し続けていきたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春待気流 歌手:長渕剛

長渕剛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1988-05-25
商品番号:CT32-5202
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP