試聴する

八月の濡れた砂

この曲の表示回数 30,019
歌手:

石川セリ


作詞:

吉岡オサム


作曲:

むつひろし


あたしの海を まっ赤に染めて
夕陽が血潮を 流しているの
あの夏の光と影は どこへ行ってしまったの
悲しみさえも 焼きつくされた
あたしの夏は あしたもつづく

打ち上げられた ヨットのように
いつかは愛も 朽ちるものなのね
あの夏の光と影は どこへ行ってしまったの
想い出さえも 残しはしない
あたしの夏は あしたもつづく

あの夏の光と影は
どこへ行ってしまったの
想い出さえも 残しはしない
あたしの夏は あしたもつづく
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:八月の濡れた砂 歌手:石川セリ

石川セリの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-05-26
商品番号:PHCL-2020
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP