試聴する

Seventeen

この曲の表示回数 6,974

なにも怖くはないよ
だってさ誰も正しくはない
ただ何かが足りなくて
うっとうしいぜ
別に腹も空いちゃいないけど

吸い込んだキャスターの煙で見えなくして
濁した行き先とあの日の僕らは
乾かない洗濯物を永遠に揺らした
張り合いのない春の風に吹かれて

Seventeen

向かい風受けて伸びた前髪の間から見えた
春の終わりは
聞いた事もない言葉を連れてきたよ
ただ怖くなったよ だから「サヨナラ」って言った

吸い込んだキャスターと君の飲みさしていった
冷たいオレンジジュースのように
薄くなっていく色も考え方も全部
味気ない方だけ綺麗に見えるの

Seventeen
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Seventeen 歌手:Age Factory

Age Factoryの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-10-05
商品番号:PECF-3171
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP