試聴する

八月の恋

この曲の表示回数 12,456
歌手:

森高千里


作詞:

森高千里


作曲:

筒美京平


真夏の海が見えるお店で
紅茶を飲んでさよならしたわ
あの時わかっていたけど
なぜかしら見つめあった二人

最後のキスは 忘れられない
あの夏のよう 熱くて淡い
八月の砂浜は風が冷たい
まるで映画をみているような
きれいな夕日 沈んでいった
夏がくれた最後の恋のプレゼント

海から帰る車の中で
私はなにも言えなかったの
あの時悲しすぎたから
泣くこともできなかった私

最後のキスは 忘れられない
あの夏のよう 熱くて淡い
夏がくれた最後の恋のプレゼント

優しい日差しの秋がくれば
あなたを忘れられるでしょうか
あの時さよなら言えれば
思い出にできたでしょ恋を

さよなら 八月の海に
この恋を流してしまったの
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:八月の恋 歌手:森高千里

森高千里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-05-25
商品番号:WPC6-8321
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP