NIGHT OF SUMMER SIDE

この曲の表示回数 23,490
歌手:

池田政典


作詞:

売野雅勇


作曲:

NOBODY


アクセルの悲鳴さ軋(きし)むタイヤから…
見知らぬ女(きみ)乗せ飛び出したクーペ

追いかける影を振り切りドア締めた
君は「どこでもいいから走って!」と

出逢いはハイウェイ・ジャンクション
港が見える頃
恋に落ちたと気づいた

take me to summer side
口づけより優しさが欲しいと
Night of summer side
あどけなさで拒否(かく)した瞳は
大人だったね

波のない入り江並ぶマストの影
肩を抱いて桟橋を歩いたよ

気まずさは苦手なのと急に笑い
腕をすりぬけたね踊るみたいに

優しさはぐらかし何を探してるの
恋に理由はいらない

take me to summer side
誘うようにデッキへと飛んだね
Night of summer side
背中そらし誰のものにもね
ならないわよってキスしたね

急がないと夏が終りそうだよって
知らない顔で口説くよ

take me to summer side
淋しさより口づけが欲しいと
Night of summer side
振り返った君の眼差しは
大人だったね
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:NIGHT OF SUMMER SIDE 歌手:池田政典

池田政典の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-15
商品番号:TYCY-5435
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP