どこまでアバンチュール

この曲の表示回数 8,567
歌手:

郷ひろみ


作詞:

ヘンリー浜口


作曲:

ヘンリー浜口


よこしまな気持ちだった 真夜中のアクシデント
ほのかにワインで染めた唇があだっぽくて
踊りながら 出会いキッスして
そのまま朝 二人迎えた
素肌にまとう朝の光 凄く目映くて
いつもの女のように通り過ぎて
一夜の戯れだけだと思ったのに
そっと口唇なぞれば華しゃな腕絡みつくよ
熟れた乳房鷲掴み どこまでアバンチュール

馴れた仕草で煙草を 細い指に挟んでは
アバン ギャルドにやろうよ それがお前の口癖
長い髪をかき上げながら
とぎれとぎれに喋る言葉
何もかもが全て眩しく嬉しく きわどくて
ときめき 謎めき なまめき 揺れる動き
このまま そのまま 憂いを秘めた瞳
ときめき 謎めき なまめき 揺れる動き
このまま そのまま 憂いを秘めた瞳
濡れた体 重なれば 青い稲妻走るよ
熟れた乳房鷲掴み どこまでアバンチュール
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:どこまでアバンチュール 歌手:郷ひろみ

郷ひろみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-08-01
商品番号:SRCL-4001
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP