BRONZE

この曲の表示回数 7,418
歌手:

石原慎一


作詞:

石原慎一


作曲:

石原慎一


風の音が途切れた街 血も流れない
いつから数えはじめたの
もてあました Nightmare
触れられない その指が動く
俺の視線を楽しんでる
知らないはずの この手のひらに
おまえの肌が刻んだ 欲望の渦が

逃げるなら逃げる程 叫ぶなら叫ぶ程に
痛むなら痛む程 もっと見せて その顔を
愛も心もいらない 夢も明日も(その瞳が欲しい)
刻も言葉もいらない 動かないで Until I come

殴るなら殴る程 吠えるなら吠える程に
軋むなら軋む程 吐息の海を泳いで
いつかどこか何かを 確かめたい(力を抜いて)
足を腕を開いて もう 失くすものは何も無い Hate me

引き裂くものがある限り 尽きない欲望
その眼差しが剥がしてく
ありふれた Morality
背中を見せる心が胸を
内側から削り落とした
爪を立てるなら もっと激しく
舌を噛むなら 死ぬほどむさぼり続けて

背くなら背く程 響く鼓動 悪魔の Concerto
剥ぎ取るものが無いなら 指を沈めてあじわう
うねる髪を掴んで 無理に開いた(その唇で)
すべて砕いて飲み干して ノドを鳴らして Until I come

なじるならなじる程 叩きつける心臓に
汗で光る首筋に も一度 舌を這わせて
一度だけでいいから 吐息の雨を(腰で浮かせて)
涙さえ乾いて もう 隠すものは 何も無い Hate me

逃げるなら逃げる程 叫ぶなら叫ぶ程に
痛むなら痛む程 もっと見せて その顔を
愛も心もいらない 夢も明日も(その瞳が欲しい)
刻も言葉もいらない 動かないで Until I come

殴るなら殴る程 吠えるなら吠える程に
軋むなら軋む程 吐息の海を泳いで
いつかどこか何かを 確かめたい(力を抜いて)
足を腕を開いて もう 失くすものは何も無い Hate me

背くなら背く程 響く鼓動 悪魔の Concerto
剥ぎ取るものが無いなら 指を沈めてあじわう…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:BRONZE 歌手:石原慎一

石原慎一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP