試聴する

第三者

この曲の表示回数 9,843
歌手:

木内美歩


作詞:

石川あゆ子


作曲:

鈴木智文


地下鉄の入口に
吸い込まれてゆく
あなたの手が違う子の
肩を抱いている

見なかった事にして
ウインドーをのぞくの
唇だけかたくなに
結びながら

素直なジェラシーを
ぶつけたなら
どうにかなるのに
他人(ひと)は簡単に言うけど

いけない事なの?
涙にのめり込みたくなくて
自分の事遠くで見ているだけ
哀しい事なの?
恋さえ追い駆けられないような
瞳のまま

幸せの材料は
街にあふれても
何もかもが安っぽい
色に見えてしまう

テーブルにほほえみを
こぼしてみたいけれど
第三者でいるほうが
似合うみたい

目が合うマネキンに
見抜かれてる
リアルな淋しさ
足許に感じているけど

いけない事なの?
可愛いくなれない運命(ほし)の許に
生まれたのは私のせいじゃないの
哀しい事なの?
あなたを追い駆けられないのは
私の罪

いけない事なの?
涙にのめり込みたくなくて
自分の事遠くで見ているだけ
哀しい事なの?
恋さえ追い駆けられないような
瞳のまま
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:第三者 歌手:木内美歩

木内美歩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-05-25
商品番号:PSCR-5306
ポリスター

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP