馬場の酔い唄

この曲の表示回数 3,969
歌手:

山本正之


作詞:

山本正之


作曲:

山本正之


芝居がハネたそのあとで
仲間とあおぐコップ酒
今は名もない俺たちだけど
花は必ず咲くものと
夢の雫を酌み交わす
ああ高田馬場の夜
灯がゆれる

くやし涙を意地で拭き
明日をにらんだ舞台裏
そうよあなたはまばゆい星を
抱いて生きてく人なのと
いったあの娘にまた惚れた
ああ高田馬場の夜
灯はやさし

さかえ通りはにぎやかな
笑いをつつんで暮れてゆく
ひとり渡った面影橋の
下を流れる出世川
役者いのちを光らせて
ああ高田馬場の夜
灯よいつまでも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:馬場の酔い唄 歌手:山本正之

山本正之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-08-28
商品番号:PICL-1128
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP