東京で一番淋しい女

この曲の表示回数 15,409
歌手:

田辺靖雄


作詞:

関根浩子


作曲:

幸耕平


好みもくせも 少しは知って
上手に合わせて きたつもり
買った植木も 咲かないうちに
何故かとぎれた ふたりの暮し
昨夜もお酒 今夜もお酒
叱ってくれる 人もない
東京で一番 淋しい女

電話をかける 相手もなくて
壁に向って 独言
模様がえした 小さな部屋で
無理して飲んでる お酒がにがい
昨夜も小雨 今夜も小雨
あなたの名前 そっと呼ぶ
東京で一番 淋しい女

涙をとめる 薬があれば
つけておきたい 目のふちに
あなたのパジャマで ねむったけれど
心の寒さは 変りはしない
昨夜も泣いて 今夜も泣いて
あなたを今も 待っている
東京で一番 淋しい女
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:東京で一番淋しい女 歌手:田辺靖雄

田辺靖雄の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-10-11
商品番号:SRCL-5230
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP