風花舞う日

この曲の表示回数 8,419

粉雪が風に舞う その度時計を気にして
君の顔さえまともに見れないまま 迫り来る別れ

元気でね と強がる言葉に 小さく頷く君

手にしたいものが大きい程
失うものさえも大きくて 私はまだ少し迷っている
つないだ手の温かさも 歩き慣れてるこの道も
離れるには あまりに愛しくて
このままいつものように君と帰りたくなった

「改札の前までで ありがとう 見送りはいいよ」
上手く話もできないまま もうすぐ時間はきてしまう

これでいい と言い聞かせながら 繋いでいる手を離した

例え君ともう会えなくても
ずっとそばにいたくても この先にはこの道しかないよと
二人で選んだ結末に後悔はしない
でもあふれだす 声にならない涙は真実
私は君のこと心から愛してた

風にふわり 舞い上がる雪は
運命のように 落ちては 消えてしまう

例え君ともう会えなくても
今日が思い出になろうとも
この胸から想いは消えはしない二人で選んだ結末に後悔はしない
でもあふれだす 声にならない涙は真実
私は君のこと心から…

声にならない想いは真実

後ろなど振り向かなくても
君がどんな顔をして私の背を見送るか分かるから
このまま揺るがないように 振り返らずに行くよ

幸せになる心に決めて 改札を越えた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風花舞う日 歌手:Natural High

Natural Highの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-12-03
商品番号:DFCL-1247
DefSTAR RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP