試聴する

鏡面の波

この曲の表示回数 816
歌手:


作詞:

照井順政


作曲:

照井順政


眠りの手 閉じ込められていた熱が
水際に漂った その色

行き先を忘れて日々に溶けた無数の粒が
夜露 受け止める器 欠けたひとかけら探してる

夕立ちが名付けられた世界を剥がしたとき
それは波の様に指の隙間をすり抜けて 消えて

形を変え繰り返す夢だけが
わたしをつないでいる

夜の中を彷徨っている
移ろう季節の忘れ物
誰かを思う言葉は
誰かの想いに気付けないまま

透き通る 鏡の様に凪ぐ水面の
完璧な均衡 永遠の半ば 突き刺す雫
揺らめく

夜の中を彷徨っている
移ろう季節 忘れ物
夜の中を彷徨っている
かけた一つを探してる

舞い上がる風がわたしの声を攫ったとき
少しでも 迷わない様に 歌に変えていく

夕立ちが名付けられた世界を剥がしたとき
それは波の様に指の隙間をすり抜けて 消えてしまう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鏡面の波 歌手:YURiKA

YURiKAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-06
商品番号:THCA-60169
東宝

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP