縄文炎祭

この曲の表示回数 5,094
歌手:

竹川美子


作詞:

鈴木青児


作曲:

斎藤重男


夢まぼろしか うつせみか
愛(め)ぐむ微笑 美しく
その眼差しは さわやかに
命咲かせて 華の宴
燃えて 野を焼き 地を這い
白い衣 炎に染めて
踊る女神がそっと 身を焦がす
縄文炎祭に わたし祈るの

遥かに過ぎた 春秋(とき)想い
いつかいにしえ 鳥になり
女神のように 艶(あで)やかに
コブシ花咲く 舟形で
燃えて 彩る 季節に
愛の炎 心に秘めて
小国(おぐに)の川にそっと 手を合わせ
縄文炎祭に わたし祈るの

燃えて 野を焼き 地を這い
白い衣 炎に染めて
踊る女神がそっと 身を焦がす
縄文炎祭に わたし祈るの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:縄文炎祭 歌手:竹川美子

竹川美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-06-03
商品番号:CRCN-1877
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP