この曲の表示回数 6,498
歌手:

徳永英明


作詞:

徳永英明


作曲:

徳永英明


流れ星をいくつ数えても
願いなんて叶わなかった
冷たい地面に背中をくっつけて
僕は何を期待してたんだ

胸いっぱいに溢れた夢が
少しずつこぼれていった
凍える両手で胸を押さえても
手のひらをすり抜けてこの空に溶けた

自分を信じてやれば今日の日も
走りながら愛していける
そんなことはいつだってこの胸に
強く刻み込んでいたはずさ

思い出を言葉で綴っても
そこにはもう帰れないだろう
でも心の中でずっと生きていた
あの夢が今日の日を導いてきたよ

僕らの夢はまた今始まっていくよ
待ち遠しくて仕方がないくらいだったよ
声にならない笑顔に包まれて君と…
それが僕と君の夢 僕と君の夢

Hello Hello Hello Sunshine
Hello Hello Hello それが僕と君の夢

僕らの夢は今から始まっていくよ
待ち遠しくて仕方がないくらいだったよ
声にならない笑顔に包まれた君と…
それが僕と君の夢 僕と君の夢

Hello Hello Hello Sunshine
Hello Hello Hello それが僕と君の夢
僕と君の夢
僕と君の夢
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢 歌手:徳永英明

徳永英明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-27
商品番号:UMCK-1132
ユニバーサルJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP