試聴する

熱病

この曲の表示回数 30,117
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


錆び付いた空の肌 ライターの火を当てたり
自暴自棄な真似事をしてみたり
まるで蜃気楼の街を 借り物の姿で
躱しながら君の元へ向かった

何も知らぬ素振りで 肩にもたれた君の
胸に宿した確かな熱に触れた 夜のはじまり 

指を絡ませ 囁く言葉
疑いを掠めたまなざし
はぐれた君は 僕の名前を
繰り返し呼ぶしか出来ずにいた

逆さまになった言葉 追いつめた窓際で
視線の奥をしばらく探ってみる

どうせまた見失うから 治さない

こぼれた秘密 濡れた首筋  
哀しみが映り込む瞳
君が迷わせ 僕が踊らす
その肌を鮮やかに染めて

約束など交わせずに 朝焼けに目を伏せた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:熱病 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-09-14
商品番号:UKDZ-0045
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP