私のロンサム・タウン

この曲の表示回数 14,557
歌手:

松任谷由実


作詞:

松任谷由実


作曲:

松任谷由実


北風から 靄は生まれて Whoo…漂うの
夜明けの前に 信号機が
通りを染めるのを見ていた
ホテルの窓 降りておいでよと
誘うような ロンサム・タウン

橋のかかる河口のあたりへ乗せてって
眠たいタクシー
錆びた船がナホトカに向けて遠去かる
さざ波残し
テトラにすわれば しらむ空 ロンサム・タウン

ああ ゆうべは みんな酔ってさわいで
ああ 今夜は ちがう町 ライトを浴びて 私は誰?

ああ いつから 速い列車 乗り継ぎ
ああ あるとき 年とってなつかしくなる 私は誰?

少しすれば バンドもあわてて起きる頃
コーヒーすすり
少女たちは雨に打たれるコスモスのように
手を振ってる
曇ったホームにも 冬近い ロンサム・タウン
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:私のロンサム・タウン 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-02-24
商品番号:TOCT-10646
EMI Records Japan

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP