霧笛が泣いて…横浜

この曲の表示回数 1,544
歌手:

佳山明生


作詞:

佳山明生


作曲:

池毅


黄昏がにじむ 雨上がりの街
二人で歩いた桟橋 濡れた肩を抱き寄せ
星影の小道 流れ星ひとつ
貴方と別れて横浜 あてもないまま
窓に映った街の灯
秋の風が通り過ぎて
潮の匂い 寒い夜に
霧笛が泣いて…
さようならも告げず あの人は何処に
別れて初めて気づいた あなたへの愛

窓を叩いた風さえ
あなたの声に聞こえてくる
そんな時に いつもあなた
あなたが居れば…
街の灯も消えて 月灯りの街
溢れる涙こらえて 生きてく私

窓に映った街の灯
秋の風が通り過ぎて
潮の匂い 寒い夜に
霧笛が泣いて…
さよならも告げず あの人は何処に
別れて初めて気づいた あなたへの愛

溢れる涙こらえて 生きてく私
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:霧笛が泣いて…横浜 歌手:佳山明生

佳山明生の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/09/16
商品番号:TKCA-91297
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP