試聴する

豆台風

この曲の表示回数 377

小腹が空いたと手に取る
可も不可もない菓子パンのように
ただそこを通過するだけの音
紛い物だって本物だろう
消費する君と されるだけの

ねえ
そう君は軽く触れたっけ
明日は風
吹かれて飛ばされちまうくらい軽く
君は違う歌も歌えたはずなんだろ

訳もなく青い空がただ青く
また気付かされた それで良いって
君は言う
「ライターの最後なんて見たことないね」
そうだよね
近付いて どっか行って どこかに居て

ねえ
都合良く そこに僕らがあっただけなのに
夢中になれたのは何故だろうね
君にまた触れたいと思った
それは確かで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:豆台風 歌手:ラブリーサマーちゃん

ラブリーサマーちゃんの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/09/16
商品番号:COCP-41240
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP