202 feat. 泉まくら

202号室 さようなら
この部屋の春の匂いも思い出になるでしょう
二つ並んだ歯ブラシ
私には大きすぎるTシャツ
シェーピングフォームも
使えないから 燃えるゴミに出そう

甘い、苦い、辛い、酸っぱい
色んな気持ち味わって
昔より少し丸くなったよ
だんだん好きになって
どんどん駄目になった
君のお下がりの毛布が暖か過ぎたせい

青い日々がいつまででも続くなんて思っていた
幼すぎる私たちに降る土砂降り
酷い目眩

足首までの深さ安心してはしゃいでいた
分かりやすいしぐさでいつもカワイイふりをしていた
泡になって消えようと
ありったけの熱量で君を見たこと
そんなのに限って簡単にはバレないんだもんな

いつまでたっても譲れなかった自分のものさし
退屈になっちゃって二人して投げたさじ 遠く遠く
もうあの甘いのも掬えない
向こうで待つ新しい背景に
君を重ねることもない
なのに思い出すのは同じ日

明日はどこで誰の夢を見ているだろう
私たちは水に濡れたロウソクみたい
さようならすら言えないまま

あっけないんだね こんなことって
どっかで分かっていたなら
歌ってあげる さよなら
今更だけど隠さずに
不思議と響くナチュラルに

ぬるい日差しに騙されて
段ボールに何を詰めた?
この街には帰らないよ 帰れないよ
悪い夢から醒ましてよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:202 feat. 泉まくら 歌手:ラブリーサマーちゃん

ラブリーサマーちゃんの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-02
商品番号:VICL-64617
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP