この曲の表示回数 3,078
歌手:

山川豊


作詞:

松井由利夫


作曲:

水森英夫


堕ちるとこまで 堕ちたなら
失くすものなど なにもない
口じゃ強がり 叩いたけれど
昔 馴染みの 居酒屋の
灯りも そっぽを 向きやがる
…… しょっぱいよなあ

他人は見た目で 品定め
脛に傷持ちゃ なおのこと
それが 世間と 奥歯を噛んで
くぐる ガードの 暗がりで
鳴いてる 仔猫を 抱きあげる
…… あったかいなあ

遅い春でも 花は咲く
雨があがれば 陽ものぞく
裏を見なけりゃ 見えない表
握り拳を 梃子にして
人生 かならず 這いあがる
…… やるっきゃないなあ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:拳 歌手:山川豊

山川豊の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/06/24
商品番号:UPCY-5087
Universal Music

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP