流氷子守歌

この曲の表示回数 21,383
歌手:

山川豊


作詞:

池田充男


作曲:

曽根幸明


やけつく火の酒を 呷(あお)れば思い出す
海を愛したあいつの 呑みっぷり度胸よさ
そとは白いオホーツク
出てゆく船もない
俺が歌ってやろうか
流氷子守子守歌

男の盃を かわした船乗りさ
惚れた女を泣かすな 泣かせちゃならないと
だけど可愛いあの女(ひと)を
ひとりにしたあいつ
酔えば二人で歌った
流氷子守子守歌

寝た子を起こすよに 吹雪が戸を叩く
おやじとめるな今夜は 拳でもう一本
あいつがいない九十六屯(くんろく)に
今度は俺が乗る
せめて歌ってやろうか
流氷子守子守歌
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流氷子守歌 歌手:山川豊

山川豊の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-02-10
商品番号:TOCT-26939
EMIミュージックジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP