試聴する

港町カフェ

この曲の表示回数 6,655
歌手:

北見恭子


作詞:

小田めぐみ


作曲:

大谷明裕


今日もまた来て しまったの
潮の匂いが からみつく
港町カフェ あたしひとりの
あゝ 窓際の席
待つわと言った あの日から
あんたのせいで 年をとれない
心が暦を 忘れてる
港の花は 摘まれるだけど
鴎よ… 泣かせないで

今日もまた来て しまったの
ふたり毎日 おちあった
港町カフェ あたしひとりの
あゝ 窓際の席
都会に心 奪われる
鳥でも飛んで いたのでしょうか
便りも途絶えて 二年半
港の恋は うたかただよと
鴎よ… 泣かせないで

待つわと言った あの日から
あんたのせいで 年をとれない
心が暦を 忘れてる
港の花は 摘まれるだけど
鴎よ… 泣かせないで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:港町カフェ 歌手:北見恭子

北見恭子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-02-19
商品番号:CODA-1832
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP