哀愁の時計台

この曲の表示回数 7,589
歌手:

日高一也


作詞:

菊池英夫


作曲:

桑山真弓


このままそっと 死にそうな
月のきれいな 夜だもの
とても一人じゃ帰れない
もう一度 あの道歩こうよ
時計台の鐘も 泣いている

このまま息が 絶えそうな
星のわびしい 夜だもの
とても一人じゃ眠れない
もう一度 おやすみ云いたいの
時計台の鐘も ふるえてる

このままふっと 消えそうな
風の静かな 夜だもの
とても一人じゃいられない
もう一度 わがまま云わせてよ
時計台の鐘も 泣いている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:哀愁の時計台 歌手:日高一也

日高一也の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP