試聴する

密林

この曲の表示回数 587

叫ぶように羽ばたく鳥の群れ
僕の指の爪に挟まった砂利
月の様な大きな傘の下で
不意に笑った
甘い果実ほおばるように

場所を決めず流れてゆく憧れだらけの感情
ひとつ残らず差し出すまで今度だけ止まらないで
最期まで逝って鮮やかに散ったけど
その先を知って僕はまた咲いている

盗られるように理由を無くした日
なぜかやっと空を近く感じた
星をたよってもう少し進むけど
僕はもっと
ずっと手に入れようと思うのかな

踊れ踊れ燃やすように
輝けるこの世界はたとえ僕の物じゃなくても
限りあるこの時代の終わりだけ知って
明らかになったなら
もう一度きっと僕だけで咲いてみる

踊れ踊れ
迷い込んだその意味も理由も全部
深く深くしまいこんであの頃のようにもっと
場所は決めず流れてゆけ明日へと続く感情
ひとつ残らず差し出すから今だけは止まらないで
最後まで行って鮮やかに舞ったから
その先を知って僕はまた咲いている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:密林 歌手:フルカワユタカ

フルカワユタカの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/03/25
商品番号:NIW-149
Niw! Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP