試聴する

朝を待つひとたち

この曲の表示回数 249
歌手:

ななせ


作詞:

ななせ


作曲:

ななせ


夕暮れの風に流れる花たち 夜のそっと触れるような星たち
たくさんの言葉を並べるよりも そんなもののほうが美しいとあなたはいう

奥へと進むにつれて 様々な言葉を知るだろう
誰かに任せてしまわないで あまり賢くならないで

無くさないよ いつも僕のこころに いろんな顔のあなたが浮かぶ
さみしいなら 暗い暗い夜を掻き分けて 僕の声があなたのそばにいる

雨の音に耳をすませたら 自分の余裕がどれほどかを感じた
季節が移り変わることに 揺さぶられたあの日々がまた欲しい

奥へと進むにつれて 様々な言葉に救われた
ひとつ手応えがあるとするならば
それがずっとずっとずっと、あなたの旅を支えるから

無くさないよ いつも僕のこころに いろんな顔のあなたが浮かぶ
苦しいけど 遅い遅い朝を待つ今も 僕の声があなたを

無くさないよ いつも僕のこころに いろんな顔のあなたが浮かぶ
寂しいなら暗い暗い夜を掻き分けて 僕の声があなたを信じてる

僕らは朝を待っている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:朝を待つひとたち 歌手:ななせ

ななせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/03/25
商品番号:BUCA-1045
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP