この曲の表示回数 195
歌手:

ななせ


作詞:

ななせ


作曲:

ななせ


祭りも過ぎとおい音 ほんの少しの素直さで
ちいさな橋で待ち合わせるのは僕らだけ
なぜかいつも切なくて こころもどこにもなくて
花火がビルに隠れるような 毎日だ

全てを忘れようと月が沈むまで一緒にいた

ふと目があえばあなたが
しあわせそうな顔をしてるから
僕は思わず目を閉じた
僕ら眠れなくてよかった

深く呼吸をしてみれば簡単に戻れるよ
街は随分変わりゆくままでいるけれど
目を閉じたあの時にすべてを詰め込んだから
なにも知らない明日もきっと笑えるよ

ふと落ちた涙のような熱い夜に溜まるものを
今も感じて思い出すと前を向ける

叶うばかりではないものと知って生きているからこそ
2人目を閉じてまたいう 僕ら眠れなくてよかった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨 歌手:ななせ

ななせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/03/25
商品番号:BUCA-1045
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP