試聴する

淡海節・箱枕

この曲の表示回数 286
歌手:

成世昌平


作詞:

もず唱平


作曲:

滋賀県民謡


歳(とし)は十九で源氏名(げんじな)おこう
明けて二年の茶屋暮し
故郷(くに)が恋しゅて ヨイショコショ
歌う追分

後生(ごしょう)大事の女の夢を
たった一分(いちぶ)じゃ買えもせず
背中震わせ ヨイショコショ
泣いた若い衆

島田乗せたら こぼれる涙
主(ぬし)に帰られ 箱枕
中でチリリン ヨイショコショ
鈴が鳴る鳴る

惚れたあのひと北前船で ヤンサノエ
波涛千里の海を行く
今日はどこやら ヨイショコショ
佐渡か酒田か 蝦夷の地か
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:淡海節・箱枕 歌手:成世昌平

成世昌平の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003/07/24
商品番号:CRCN-20295
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る