脱・プラトニック

桑田靖子

脱・プラトニック

作詞:売野雅勇
作曲:芹澤廣明
発売日:1987/02/25
この曲の表示回数:13,218回

脱・プラトニック
教えて どうぞあなたから
いくつの悲しみ重ねたら
私は 本当にあなたのものに
なれるでしょうか

春めく街に立ちすくみ
口びる小指でなぞってます
あなたの面影がまぶしくて
うつむきがちな夕暮れです

胸に秘めた あなたの淡い
想い出に 心乱れます

嫌われても嫌われても あなただけです
初めての日忘れられず 胸を責めます

愛し方は憶えたけど
愛され方は忘れそうな
16歳 春をまたひとつ見送ります

本当の齢よりも上に
見られて 愛されていたから
今では 同い年男の子たち
もの足りません

この髪 二度とあなたから
触れられることはないですか
はしゃいで街を行く恋人たちの
後姿 見とれます

胸に残るあの日の夢を
消せないで 心乱れます

好きなんです 好きなんです あなただけです
あきらめさえできないから苦しいのです

愛し方は憶えたけど
愛され方は忘れそうな
16歳 春をまたひとつ見送ります

嫌われても嫌われても あなただけです
初めての日忘れられず 胸を責めます

愛し方は憶えたけど
愛され方は忘れそうな
16歳 春をまたひとつ見送ります

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません