駒子

この曲の表示回数 790

旅の人でも 一夜(ひとや)を過ごしゃ
心が切ない 人になる
窓の外は雪 雪が積もればお別れが
一日ぐらいは のびますか
愛することが 罪ならば
駒子は罪だけ かぶります

眠れない夜(よ)は もっきり酒を
一人おちょこに 注ぐつらさ
雪が雨になり 岩のかけいの水音が
あなたの寝息を 消してゆく
哀しい夢を 見さすから
駒子は夜明けが 嫌いです

山のいで湯に 汽笛が響く
もう別れの 汽車が来る
雨がいつか晴れ 眼には涙がしみるけど
あなたがにじんで 見えないの
定めと思う 気持ちより
駒子は愛だけ 選びます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:駒子 歌手:おおとり舞

おおとり舞の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/26
商品番号:TKCA-91246
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP