点し火のように

この曲の表示回数 6,118
歌手:

SING LIKE TALKING


作詞:

C.Fujita・Chikuzen


作曲:

C.Fujita・Chikuzen


帰り際 咲いていた
小さな花のような
健気な 優しさを
灰で 固めた 道端に
絶え間なく 降って来る
五月雨の雫は
認めも されぬうちに
石に 足跡 刻んでいた

放り出してしまいたくなる程の
惑いのなかから
泪を 覚えればいいさ
立ち停まって
息を吸い込んで
歩いていけるから
燃え上がる一瞬の炎の熱さより
キャンドルの 点し火を
そっと 誰かと分かちたい
きっと 誰かに伝えたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:点し火のように 歌手:SING LIKE TALKING

SING LIKE TALKINGの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-04-27
商品番号:FHCF-2155
ファンハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP