試聴する

願いの眼差し

この曲の表示回数 3,333
歌手:

22/7


作詞:

秋元康


作曲:

浅原康浩


なかなか開(あ)かない 踏切りみたいに待たされ続けて
僕のこの胸は もう死んだように諦めかけてた

(眩(まぶ)しい)夕陽の中
(ベンチを)立ち上がる
(その時)通りを駆けて来る君が見えたんだ

願いはいつも手に届かない遠くにあるものだけど
その眼差しはこっちを見ている
だから勝手に背中を向けちゃチャンスを逃すよ
どれだけ本気で思っているか
試してるのさ
(チュチュルチュ チュチュルチュ)

瞼(まぶた)を開ければ 夢がそこで終わってしまうようで
僕はいつまでも 今の現実見たくなかった

(突然)雨が降って
(心が)濡れたって
(どんなに)悲しい噂さえ耳を塞いでいた

願いは時に雲に隠れて見えなくなるものだけど
その眼差しはそれでも見ている
きっと叶わない 俯いちゃったら視線は合わない
希望とは一人で待ち続けること
いつかはきっと…
(チュチュルチュ チュチュルチュ…)
叶う日が来る

(どこかで)そんな想い
(誰かが)遠くから
(やさしく)日差しのように見守っているよ

願いはいつも手に届かない遠くにあるものだけど
その眼差しはこっちを見ている
だから勝手に背中を向けちゃチャンスを逃すよ
どれだけ本気で思っているか
試してるのさ
(チュチュルチュ チュチュルチュ)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:願いの眼差し 歌手:22/7

22/7の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/26
商品番号:SRCL-11417
SMR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP