母の手

この曲の表示回数 4,261
歌手:

三田明


作詞:

もりちよこ


作曲:

明煌


幼い僕の 手を引いて
連れてってくれた 縁日
焼きそば ねだって 食べたあと
ソースを拭う手、化粧の匂い

風邪をこじらせ 寝込んだ日
リンゴをすっては 絞ったり
夜中も 眠らず そばにいて
額に触れる手、一番の薬

母さんの手 もいちど つなげるものならば
母さんの手 つかんで はなさないだろう
言えなかったよ 言えなかった…
ありがとう

一人でうちを 出てく朝
内緒でくれた 小遣い
遠くの 角で 振り向けば
静かに払う手、「さっさと行け」と

つらくて逃げて 帰った日
こらえた涙が こぼれたよ
何にも 訊かずに 飯を出し
背中をさする手、余計に泣けた

母さんの手 しわくちゃに なってしまっても
母さんの手 今でも ずっといつまでも
忘れないよ 忘れない…
ぬくもりは

ありがとう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:母の手 歌手:三田明

三田明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/19
商品番号:VICL-37521
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP