この曲の表示回数 46,534
歌手:

地縛少年バンド


作詞:

ANCHOR


作曲:

ANCHOR


それではさぁ語りましょうか 七番目(ナンバーセブン)

え? はぁ?
一喜一憂 過去も未来も

ねぇ ねぇ
階段状 瓜二つ 伝わる影
非現実に混ざる甘い果実

内緒 内緒 具体無し
しがないお話

はいはい
再三言って聞かせたって

ほらほら
四苦八苦 全くもって聞いちゃいないな
所詮は噂話 妄執の顕現さ

内緒 内緒 期待無し
知らない小話

十風五雨みたいな絵空事を朝昼晩
六根清浄はおろか育たない鏡草
なんせ無くて七癖なんて不完全で未完成だから
足掻いてるんだ

普く言葉 刃振り翳して 笑う嘘の仮面を被って
君は独り 誰かの為に傷ついて

罪と罰のその狭間 誰も居ないあの場所には
きっと居るんだ
さぁ語りましょうか 七番目(ナンバーセブン)

あのね 内緒話
“何処かで聞いたキミとだけの秘密だから”

世迷言に紛れた 酷く脆い真実でさえも
多分いつかの噂話 そういう事にして

内緒 内緒 具体無し
しがないお話

一朝一夕ばかりで見逃していく二の舞
朝三暮四で肩透かし 一、二、三、死
未来御先(みさき)見ない鏡 静寂(しじま)名声の価値
一か八か綱渡りって八番目(はち)は無いだろ?

四つ葉すら悔いれば四苦で八苦さ
引く手数多 七転んで罰が当たる
おいでおいで奇々怪々
我が身八癖 未だに不完全で未完成だから
足宛いてるんだ

普く言葉 刃振り翳して 恍け笑い嘘を重ねて
ずっと往なし 平気なフリして誤魔化した

罪と罰のその狭間 ぽつりひとりあの場所には
きっと居るんだ

過去を隠し名を伏せて 司る運命の先
一度変えたんだからまた変えてやろうぜ

どうかどうかと祈って 縋る先で突きつけられた
「何も変わらないよ」その答えなら上等だ

普く言葉 刃振り翳して 笑う嘘の仮面を被って
君は独り 誰かの為に傷ついて

罪と罰のその狭間 誰も居ないあの場所には
今日も居るんだ
さぁ語りましょうか 七番目(ナンバーセブン)
ねえ 教えてよ 続きを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:No.7 歌手:地縛少年バンド

地縛少年バンドの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/26
商品番号:PCCG-1887
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP