試聴する

時をかけ飽きた少女

この曲の表示回数 1,321
歌手:

edda


作詞:

郷拓郎


作曲:

郷拓郎


たとえ 私が消えてなくなっても 大丈夫
そこにいないだけ 少し迷っただけ

空のめくれに立って見た月は めくらまし
昼しかない街 そろそろ潮時

知らない数え唄 思い出し唄う
つないだ手の先 君の温もり

時をかけ飽きたと ふざけて笑う
いつか出逢いなおす その日を夢見て

帰る場所なんて 元から無いから 大丈夫

重い気体を割き うずめた光
どこへも行けない 君との秘密

「約束できないね」「無理だね」って笑う
すべてを忘れたらきっと 逢えるね

ここでも向こうでもない、どこか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時をかけ飽きた少女 歌手:edda

eddaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/19
商品番号:VICL-65311
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP