花も嵐の放浪記

この曲の表示回数 10,046
歌手:

五木ひろし


作詞:

阿久悠


作曲:

三木たかし


啼くは 霧笛か 海鳥か
酔って眠った かの女か
枕かかえて 喫う煙草
旅の夜更けの四畳半

土地の訛りの無い言葉
店になじまぬ 薄化粧
喧嘩売るよな話しぶり
なぜか魅かれて 飲み明かす

酔って笑えば 花になり
眠りこければ あどけない
いいさ このまま 膝まくら
これも縁だと 貸してやる

逢えば別れの一幕を
重ね重ね 生きている
人に似あいの それぞれの
花も嵐の放浪記
花も嵐の放浪記
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花も嵐の放浪記 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1987/11/25
商品番号:35NT-125
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP