試聴する

アルカナ

この曲の表示回数 215

だまされる才能のない
少年は泣いた
「この世がカサカサに見える。」

キャンバスの中でだけ生きている
あの星は美しい
それだけは知っていたけど

どんな夜も独りと言っていたけど
本当はどうだった?

いつか消えてゆく夜は きみを連れて
惑星(ほし)が踊る
消えない光をいつも
謳えるように
また夢を見る

だまされる才能のない
少年は笑った
「美しいものを知ってる。」

いつかまた会える?
と聞くアルケミスト
ほらこっちを向いてごらん
もしも怖いなら
ぼくがきみの先を歩くよ 手を引いて
色褪せない場所(ところ)まで

いつか消えてゆく夜は きみを連れて
惑星(ほし)が踊る
どこかで光をいつも
灯せるように

きみが生きる世界は
風が吹いて 惑星(ほし)が踊って
二人の秘密をいつも
分け合うように

約束をしようよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アルカナ 歌手:嘘とカメレオン

嘘とカメレオンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-01-15
商品番号:KICM-2026
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP